script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

妊娠中に準備‼️②

新生児肌着

肌がデリケートな赤ちゃん用の肌着は、素材に気をつかって選びましょう。

短肌着

必要度
★☆☆
必要数
2〜3枚

生後すぐ着せる肌着。吸湿性、通気性のある綿素材が最適です。

ずれてシワになりやすい。

長肌着

必要度
★☆☆
必要数
2~3枚

赤ちゃんの足まですっぽり包む長い着丈。
オムツ替えがラクにできます。妊娠中に準備

コンビ肌着

必要度
★★★
必要数
3~5枚

股の部分にスナップが付いているのではだける心配がありません。

私は全部の肌着を買いましたが、コンビ肌着しか着せていません。

※短肌着か長肌着かコンビ肌着のいずれかでも大丈夫です。

ミトン

必要度
★☆☆
必要数
1〜2枚

爪で自分の肌を引っ掻いて傷つけないようにします。

付けることによって皮膚トラブルの可能性も。

ソックス

必要度
★☆☆
必要数
2~3足

赤ちゃんの体温調節用に。冷房対策にも使用します。

私は裸足の方が体温調節ができると考えて履かせていませんでした。

足が冷たくなる時があるので1つは持っておいても良いかもしれません。

汗取りパット

必要度
★☆☆
必要数
2〜5枚

衣服と背中の間に差し込んで使用し、背中の汗を吸い取ります。

シワになるので使いませんでした。

汗が出たら肌着を変える方がいいと思います。

新生児衣料

月齢によってタイプが変わります。季節に適したベビー服を選びましょう。

兼用ドレス

必要度
★★★
必要数
2~3枚

新生児の頃はドレスとして、2~3ヶ月頃にはカバーオールとして。
成長に合わせて長く着用できる2WAYタイプです。

カバーオール

必要度
★★★
必要数
2~3枚

動きが活発になる2~3ヶ月頃からの定番ウエアです。

ベスト

必要度
★☆☆
必要数
1枚

季節の変わり目や体温調節をしたいときに。
お昼寝時や冷房時にも最適です。

アフガン

必要度
★☆☆
必要数
1枚

赤ちゃんを包むおくるみ。
お昼寝の掛布団やオムツ替えのシーツ、沐浴(もくよく)後の肌掛けや毛布代わりにも最適です。バスタオルで代用可能。

セレモニードレス

必要度
★☆☆
必要数
1枚

退院時、外出時、お宮参りに。着せにくいです。

おくるみ

必要度
★☆☆
必要数
1~2枚

寒い日のお出掛け用に。新生児の防寒着です。膝掛けやバスタオルでも代用可能。

スタイ(よだれかけ)

必要度
★★☆
必要数
2〜10枚

ミルクの吐き戻しやよだれ用。
食事のときのエプロンとしても使います。

よだれがめちゃくちゃよく出るコと全然でないコがいます。

必要な時に買い足しで充分です。

新生児寝具

赤ちゃんは1日の大半を寝て過ごします。快適な睡眠環境を用意してあげましょう。

新生児組布団

必要度
★★☆
必要数
1セット

掛布団、敷布団、フィッティングシーツなどの基本的な寝具セットです。添い乳の場合いらないし、ライフスタイルに合わせて検討。大人ので代用可能。

防水シーツ

必要度
★☆☆
必要数
2~3枚

防水加工で敷布団をガードします。敷いたら暑いし、寝返りできる頃になると防水シーツの上にいないです。

ベビーベッド

必要度
★☆☆
必要数
1台

添い乳には不便。夜泣きで抱っこでしか寝ない子には使えない。ペットを飼っていたり2人目で、安全な場所に置く必要がある人は便利。

授乳用品

ママと赤ちゃんの快適なミルクタイムのために。

授乳クッション

必要度
★★★
必要数
1個

ミルクタイムのママの負担を軽減します。
赤ちゃんも安定した位置で落ち着いておっぱいを飲むことができます。

さく乳器

必要度
★☆☆
必要数
1個

ママの母乳育児をサポートする、母乳をしぼり出すアイテムです。不要な人といるため必要な時に購入した方がいいです。

母乳フリーザーパック

必要度
★☆☆
必要数
20枚〜

さく乳した母乳を衛生的に冷凍保存できます。

必要時購入。

ほ乳びん

必要度
★★☆
必要数
2〜5本

お出掛け用はプラスチック製、家ではガラス製と、用途に応じて使い分けるのがポイントです。入院最後の日に助産師さんと相談し必要時購入。

乳首

必要度
★★☆
必要数
2~5個

ゴム臭がなく劣化しにくいシリコーンゴムと、弾力性に優れたイソプレンゴムがあります。
飲み口は赤ちゃんの吸う力に合ったものを選びましょう。

必要時購入。

粉ミルクケース

必要度
★☆☆
必要数
1個

あらかじめミルクを計量して小分けしておく容器です。
お出掛け時や夜間に大活躍!100均にあり必要時購入。

ほ乳びんブラシ

必要度
★☆☆
必要数
1個

プラスチックにはスポンジ製、ガラスにはナイロン製のブラシが適しています。100均にあり必要時購入。

消毒器

必要度
★☆☆
必要数
1個

薬液に漬けてそのまま取り出して使えるタイプと、
電子レンジで消毒するタイプがあります。

ミルクの人だけ必要時購入。

浴用雑貨

抵抗力の弱い生後1ヶ月くらいまではベビーバスで沐浴(もくよく)しましょう。

ベビーバス

必要度
★★★
必要数
1個

丈夫でお手ごろ価格のプラスチックタイプと、
コンパクトなエアタイプ(膨らますタイプ)と洗面台に入れるタイプがあります。
生活シーンに合わせて選択しましょう。

湯温計

必要度
★☆☆
必要数
1個

ベビーバスの温度を確認します。
適温表示のあるものが便利です。

手で計れば大丈夫。

ベビーせっけん・ベビーシャンプー

必要度
★★★
必要数
各1個

デリケートな赤ちゃんのお肌には、専用の低刺激のものを選びましょう。

沐浴剤

必要度
★☆☆
必要数
1個

すすぎや上がり湯のいらない洗浄保湿剤。
1つあればとっても便利です。

ベビーローション・ベビーオイル

必要度
★★★
必要数
各1本

赤ちゃんのお肌のお手入れに加え、
耳や鼻のおそうじにも活躍。

綿棒

必要度
★★☆
必要数
1パック

耳や鼻の細かなお手入れに使用。
赤ちゃん専用の細軸がオススメです。

浴用ガーゼ

必要度
★★★
必要数
3〜4枚

入浴タイムはもちろん、それ以外のときでも
赤ちゃんをやさしく包み込みます。 ガーゼで代用可能。

湯上がりタオル

必要度
★★★
必要数
2〜3枚

お風呂上がりに寝かせたままで
体を拭くことができます。バスタオルで代用可能。

ボディスポンジ・ミトン

必要度
★★★
必要数
1個

デリケートな赤ちゃんの肌には
専用のものがよいでしょう。

手袋タイプがオススメ。

ガーゼ

必要度
★★★
必要数
5〜10枚

よだれふき、汗ふきなどにとっても重宝します。
多めに準備しておくと便利です。よだれの量など赤ちゃんによって違うので足りなければ買い足してください。

排便用品

敏感な赤ちゃんの肌を清潔に保つために、肌に合うものを選びましょう。

紙オムツ

必要度
★★★
必要数
新生児用2〜4パック

新生児の間は1日10回以上オムツ替えをすることも。
200枚くらい用意しておくと安心です。

おしりふき

必要度
★★★
必要数
3〜5袋

純水タイプ、ローションタイプ、厚手、メッシュなど様々。赤ちゃんの肌に直接触れるものなので、色々試してピッタリのものを。

紙オムツ用ゴミ箱

必要度
★☆☆
必要数
1個

簡単なフタ付きバケツや、においの漏れない
オムツ処理機があります。ゴミ捨ての日が大変です。

ナイロン袋にその都度結んで入れてたら代用可能。

布オムツ

必要度
☆☆☆
必要数
30枚〜50枚

布オムツをオムツカバーで押さえて使用します。
オムツライナーを使うと汚れが少なく便利です。

オムツライナー

必要度
☆☆☆
必要数
1箱

布オムツに重ねて使用し、オムツの汚れを少なくします。

オムツカバー

必要度
☆☆☆
必要数
3〜5枚

布オムツを固定するカバーです。 新生児の場合はオムツ替えが簡単な前ベルトタイプを使用します。

健康雑貨

赤ちゃんの健康管理のために用意しておきましょう。

体温計

必要度
★★★
必要数
1個

短時間で検温できる予測式がオススメです。

家にあるのであれば赤ちゃん用じゃなくても代用可能。

つめ切りばさみ

必要度
★★★
必要数
1個

生まれたての赤ちゃんの爪はとっても薄くて軟らか。先端が丸くなっている赤ちゃん専用のものを選びましょう。

100均もあるけどキレ方が違う気がします。

できれば良いものを買ってあげてください。

鼻吸い器

必要度
★☆☆
必要数
1個

赤ちゃんの鼻水を吸い取るのに便利。
ママの口で吸えるタイプは吸い方で吸引力を調整できます。

必要時購入。結構難しい。

温湿度計

必要度
★☆☆
必要数
1個

赤ちゃんが快適に過ごせるように温湿度計でお部屋の環境を確認しましょう。
温度は夏場は26~28℃、冬場は20~23℃、
湿度は40~60%くらいが目安です。

ベビーキャリー

抱っこひも

必要度
★★★
必要数
1〜2個

横抱き、縦抱きなど使い分けられるタイプがオススメです。
腰ベルトタイプ、ひもタイプなど様々あるので、色々試着してみましょう。

すぐにはいらないので落ち着いてからでも可能。

チャイルドシート・子供が乗ってますステッカー

必要度
★★★
必要数
1台

チャイルドシートの設置は法律で義務付けられています。
必ず退院日には必要で当日バタバタするので事前に車に付けておきましょう。

ベビーカー

必要度
★★★
必要数
1台

生後1ヶ月頃から使用できるA型と、7ヶ月頃から使用できるB型があります。
機種によって特性があるので、試し押しをしてみましょう。

 すぐにはいらないので落ち着いてから購入でも可能。