script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

超初心者‼︎Googleアドセンス 10回落ちた 有効化

 

 

f:id:dremfly:20190703122919j:plain

 

 Googleアドセンスに登録。

 

Googleアドセンス 申請手順

登録ボタンを押すと「GoogleAdSenseお申し込み」の画面になるので、各項目を入力していきます。

  • サイトのURL:申請するサイトのURLを入力します。
  • メールアドレスGoogleアドセンスに登録するメールアドレスを入力します。

 

Googleアドセンス 申請手順

メールの受け取りはどちらでも大丈夫です。とりあえず「受け取る」にしておいて、必要なければ後から変更できます。

よければ「保存して次へ」をクリックします。

 1Googleアドセンスに登録するアカウントが、あっているか確認します。他のアカウントを使う場合は「別のアカウントを使用」をクリックします,

2国または地域:「日本」を選択します。(選択肢のかなり下の方にありました。)

 

Googleアドセンス 利用規約

利用規約をよく確認します。よければ「はい、利用規約を確認し、内容に同意します。」にチェックを入れて「アカウントを作成」をクリックします。

 

Googleアドセンス 支払い情報

すると、支払い先住所の入力になります。

まずはアカウントの種類を選びます。「個人」か「ビジネス(法人)」自分に当てはまる方を選択します。

 

Googleアドセンス 登録情報

その下は住所・名前・電話番号を入力します。全て入力ができたら、左下の「送信」をクリックしましょう。

 

Googleアドセンス コードの取得

支払い情報の登録が完了すると、このようなページが開きます。このコードをコピーして、サイトに貼り付けていきます。

このページは後でチェックを入れるため開けたままにしておきましょう。

 

WordPressにコードを貼り付ける

テーマ側でアドセンスのコードを貼り付ける場所が用意されている場所(<head></head>内)がある場合は、そちらを利用して下さい。

 

ない場合は、以下の方法から貼り付けられます

プラグイン「Insert Headers and Footers」をインストール

まずはこのプラグインをインストールします。
WordPressプラグインの新規追加プラグイン>新規追加」をクリックします。

 

プラグインInsert Headers and Footersのインストール

右上の検索ボックスに「Insert Headers and Footers」と入力すると、その名前のプラグインが表示されるので「今すぐインストール」をクリックします。

インストールが完了したら「有効化」をクリックしてください。

 

「Insert Headers and Footers」の使い方

プラグインInsert Headers and Footersの設定

すると右メニューの「設定」の中に「Insert Headers and Footers」が追加されているので、クリックします。

 

Insert Headers and Footerにアドセンスのコードの貼り付け

開いたページの「Scripts in Header」と書かれている下の枠に、先ほど取得したコードを全てコピーして貼り付けます。

最後に忘れず、左下の「Save」をクリックして保存します。

これでのコードの設置が完了です!

 

Googleアドセンスで申請を完了させる

Googleアドセンス コードの貼り付け完了

先ほど開いたままにしておいたアドセンスのページに戻ります。

  • 「アカウントが有効になり次第、広告を表示します。」
  • 「サイトにコードを貼り付けました」

↑それぞれチェックを入れて「完了」をクリックします。

 

Googleアドセンス 申請完了

これでGoogleアドセンスへの申請が完了です!

後は自動的に審査が開始されます。審査終わったらGoogleアドセンスからメールで結果が届くので、それまで待ちます。