script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

ぴのきおスクール

ぴのきおスクールは、子供だけで授業をするため見学出来ずどんな風にやってるか分からないんですが帰りの数分ドアを開けてくれて見れたりします。

先生も全員のお母さんに今日の様子を話す時間がないのでどんな様子で授業を聞いているのか分からないので見学出来ると頑張ってる姿が見えるので嬉しいし、こんな事してたねと言って子供と会話が増えます。

この前の見学は爆睡している子と走り回っている子がいました。

私も幼稚園くらいの時、よくお母さんの井戸端会議で遊びたくてじっとするの嫌で早く帰ろうや遊ぼうとダダをこねてたなと思い出しました。

私の子供は、以前授業中歩いたと聞き集中力ない子やなって思ってたけど漢文とか小さい子にとったら訳の分からん話で退屈やのによく考えるとじっと出来る方がすごいって思いました。

自分が出来なかった事を自分の子供に期待したらダメですね。

自分のペースで頑張ってもらいます。

いっぱい褒めていいところを伸ばしてあげていきたいです。

 

最近は、十二支を覚えて来ました。

11まで言えるのですが最後のイノシシのいが忘れてるのか聞こえていないのか言えていませんでした。

おしい褒めたい、11でもいいっか。あかんかな、いを教えるか。で葛藤し…

イノシシは無視して褒めました。

次はママねと最後のイノシシのいを強調して言うと間違ってるでと指摘されました。

褒めて伸ばすのも難しいなっと実感。

ちゃんと教えた上で褒めるか姿勢を褒めるかおしいのを褒めるかいろんなパターンの褒めるを使い分けていこうと思います。