script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

柔道3回目の体験

柔道の後は楽しかったと言いますが、外で友達と遊びたいので柔道辞めたいと言うようになりました。

習い事を頑張っててえらいからお外で遊べるんやでと言い、頑張らないんやったらお家でお勉強しやなあかんでというと少し頑張ろうという気がおきたみたいです。

そして、準備運動から最後までちゃんと出来たらご褒美にアイスを買ってあげると約束しやる気アップ‼︎自分から柔道着を着せてと言っていました。

3回目の体験も初めは見学からスタート。

柔道場までの間に車で寝てしまい、グズグズ状態でした。

お姉ちゃん、お兄ちゃんが誘いに来てくれますが行かないの一点張り。

みんな出来そうやったらおいでやと優しくしてくれてました。

25分見学した後、今は見学して最後の受け身だけ練習するから見といてと言い出しました。

少しやる気になったみたいなので誘いに来てくれたタイミングで、今からしておいでと背中を押してしぶしぶ行きました。

行くとお姉ちゃんが一緒についてくれてやり方を教えてくれていました。

出来ない後ろ回りや倒立前転や側転などはダッシュで行きと言われ、ダッシュで行けたらおねえが褒めてくれるのでドヤ顔でした。

そのあとは、端で受け身の練習。

2.3分ごとにお茶を飲みに来て笑顔でドヤ顔して練習に戻ります。

家で弟くんに教えてあげてねと言うと、しょうがないな私が先生になると言っていました。

嫌がっていてもやったら楽しいんですね。

少し安心しました。

練習が終わると頑張ったからアイスやなと準備体操をしてないのに言っていました。

嫌にならないようにたくさん褒めてあげたいのでアイスを買い、帰りの車の中では前出来なかったことが出来るようになってすごかったねといっぱい褒めてあげました。

家に帰るとお姉ちゃんが先生になり、私と弟くんが子供役です。

お願いしますと頭を下げるところから始まり座る位置まで決められます。

教えてもらった練習のやり方を見せてくれます。

弟くんが真似しようとしているけど出来ないので、お姉ちゃんは難しいの出来てすごいねと褒めると嬉しそうです。

また教えてもらったら弟くんに教えてねというと、やる気がアップしているようです。

 

弟くんは練習中、お姉ちゃん達のところに行きたいみたいでじっと待っとくのが大変でした。

抱っこ紐で抱っこすると暑くて泣くので、外に散歩に行ったりしていました。

歩けたら歩けたで大変ですね。