script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

ぴのきおスクールに通う経緯

 

幼児期の習い事で公文や七田やこどもちゃれんじは聞いたことがあったけど、ぴのきおスクールって聞いたことはありませんでした。

初めは、公文に通いたいと思い年少の夏休みに公文の夏期講習にいきました。

2回目まではとても楽しそうに宿題も声かけと見守りで何とかやってくれていました。

3.4回目も何とか公文に行きましたが遊ぶ前や寝る前に宿題をやろうと声かけをしていたのがストレスだったみたいで、イヤイヤ期や赤ちゃん返りもあったのか家出て行くとか自分はいない方がいいのかと言ったり物を噛んだり投げたりするようになり公文と合わなかったので辞めました。

公文をやめると、自然なくなっていきました。

たまたま10月から保育園で保育終了後ぴのきおスクールが開講することになり、お友達もいるためこれなら楽しく続けられるのではないかとぴのきおスクールに通うことにしました。

ぴのきおスクールは年長からしかドリルがなく平仮名も絵本に出てくる程度で教えてくれないためこどもちゃれんじと併用しています。

公文は平仮名や片仮名もしっかりと教えてくれますが、特に良いと思ったのは鉛筆の持ち方と書き方です。基礎から教えてくれて初めは線を引いて遊び感覚で筆圧の練習をしました。花丸ももらえて褒めてくれて迎えに言ったらどんな様子であったのか教えてくれて家とはまた違った一面があるんやなって思ったり頑張ってるんやなって成長を感じたりしました。先生も優しくてとてもよかったです。

ただ、私たち親子には宿題がお互いにストレスを与えマイナスに働いたため親子関係に良くないと思い公文はやめてしまいました。公文の先生は必ず宿題をしないといけないと言うわけではなかったのです。私が小、中学校になった時に宿題を疎かにすることを覚えさせてはいけないと思いやめたので、公文は体験もやっているのでお子様に合うか体験に行ってみると良いと思います。